2発目の銃声、その場に倒れ込んだ安倍氏 目撃者が語った瞬間

【動画】安倍元首相が演説中に撃たれる。容疑者を現行犯逮捕=読者提供
[PR]

 現場の近くのビル4階にある塾から、安倍晋三氏の演説を見ていた奈良市の女子高校生(17)によると、安倍氏の背後から男が近づき、バズーカ砲のような銃を撃ったという。

 1発目の発砲の後、男が少し下がって2発目を撃つと、安倍氏は力をなくしたようにその場に倒れ込んだという。銃からは煙が上がっているのが見えた。

 男は銃をその場に置き、その後取り押さえられたという。男は上はグレー、下はズボン姿。AED(自動体外式除細動器)を持って走ってきた人がいたほか、ショックを受けたのか、その場に倒れた人もいたという。

聴衆の最前列にいた男性 爆風、静寂、そして…

 安倍晋三氏が銃撃された奈良市の現場。聴衆の最前列にいた津市の会社員男性(26)によると、安倍氏はガードレールを挟んだ数メートル先の演説台に立ち、話し始めた。1分ほどで「パーン」という破裂音がした。その瞬間、爆風を感じたという。

 「爆弾が投げられた」と思い、身をかがめた。一瞬の静寂のあと、安倍氏は前に倒れ込み、現場は騒然となった。その場にいた参院選の候補者は、顔を真っ赤にして泣きながら安倍元首相に駆け寄った。周囲の医療機関からも医師や看護師らが駆けつけてきたという。

 観光で訪れ、たまたま演説を見ていたという男性は「聴衆には高校生もいたのに……。米国では銃撃事件があるが、日本でこんなことがあるなんて。発生から1時間半がたつが、震えがおさまらない」と話した。

 SPは現場に20~30人ほどいたという。「SPは候補者が向いている方ばかりを見ていたように感じた。安倍氏の背後を通り抜けする人もいた」と話していた。

「お医者さんはいませんか」「心臓マッサージのできる方は」

 安倍晋三氏が奈良市内で演説中に銃撃された事件。バス会社に勤める森岡雅彦さん(57)は、現場近くの横断歩道でバスが通る際の歩行者の誘導をしていた。

 「パーン」という音を聞いて安倍氏のいた演説台のほうを振り向くと、男が銃のようなものを構えていた。

 すぐに2度目の発砲音が聞こえて、銃のようなものから白い煙が出た。男は特に抵抗しないまま、駆け寄ったSPら5人ほどに組み伏せられた。

 最初は何かのいたずらかと思った。だがすぐ後に、演説台のあたりで誰かがマイクで「お医者さんはいませんか」「心臓マッサージのできる方はいませんか」と呼びかけるのを聞き、ただ事ではないと悟った。

 「まさかこんなことになるとは。信じられない」と疲れた様子で語った。

爆弾が爆発するような「ボン」という音

 安倍晋三氏が銃撃された奈良市の現場近くにある不動産会社に勤める30代男性は、朝日新聞の取材に「午前11時半ごろ、爆弾が爆発するような『ボン』という音がして、煙も上がっていた」と話した。

 しばらくすると救急車や消防車がサイレンを鳴らしてたくさん集まってきた。「もともと安倍元首相が来るということで人だかりができていたが、さらに人だかりが膨らんでいった」という。

 安倍晋三氏が銃撃された奈良市の現場。市内の無職女性(53)は、バスを降りたところでチラシをもらい、立ち止まって安倍氏の演説を聴いていた。

 「男が安倍氏に歩いて近寄った。『バン、バン』と2回銃声が聞こえた。男は黙ったまま、逃げることも抵抗することもなく捕まった。銃は筒が長く、両手で持つような形状。いまもドキドキしていて、とても怖い」と話していた。

カメラのようなもの持った男が構えていた

 安倍晋三氏が奈良市内で銃撃された当時、奈良交通平城営業所所長の奥田将弘さん(58)は、演説に背を向ける形で歩行者の誘導にあたっていた。

 1発目の破裂音が聞こえ、振り返ると、望遠レンズのついた一眼レフカメラのようなものを持った男が構えていて、すぐに2発目の破裂音がした。男は無言で、少し逃げようとするように見えたが、すぐに取り押さえられたという。

 「ふだんは人通りはあるが、静かで穏やかな場所。まさかこんなことが起きるとは信じられない」と話した。

 安倍晋三氏が銃撃された奈良市の現場近くに住む女性(81)は、自宅のベランダで洗濯物を干していた時に、銃声らしい大きな音が「バン、バン」と2回鳴るのを聞いたという。

 その後、テレビで安倍晋三元首相が撃たれたらしいと知り、「とにかく無事であってほしい」と話した。

「AEDありませんか」という呼びかけ

 奈良市で安倍晋三氏が撃たれた事件の直後に現場を見たという高校3年の女子生徒(17)は、朝日新聞の取材に「近くのカフェにいたら、午前11時半ごろ、『バーン』という大きな音が2回して、驚いて外に出た」と話した。

 マイクを通じて「AED(自動体外式除細動器)ありませんか」という呼びかけがあり、何人もの人がAEDを探して走り回り、5分くらいでAEDを誰かが持ってきたという。

 AEDを使うためか「離れて」との声が聞こえ、安倍氏とみられる人にAEDを使い、心臓マッサージするのが見えた。参院選候補者の陣営関係者は「帰ってください」と声を上げていたという。女子生徒は「地元の駅で銃撃が起きるなんて信じられない。頭が真っ白です」と語った。