あの日、なぜか故郷にいたオシムさん 偶然出会った記者に語ったこと

有料記事

中川文如
[PR]

惜別

 特注した何色ものビブス(ゼッケン)を駆使。複雑なルールを設定する。そんな独自の練習で選手を考えさせ、走らせた。

 しかめっ面が笑顔に変わるのは、機転を利かせた誰かが理詰めの掟(おきて)破りを敢行した時だ。

 野太い声が飛ぶ。

 「ブラボー!」

 ほめられた日本代表の面々が、どんなにうれしそうだったか。

 考えることの本当の価値は…

この記事は有料記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!