「シンゾーのために祈っている」 トランプ氏、安倍氏を心配する投稿

ワシントン=清宮涼
[PR]

 安倍晋三元首相が銃撃された事件を受け、米国のトランプ前大統領は8日、「安倍晋三元首相が銃撃され、非常に深刻な状態にあるというニュースはとても衝撃的だ」とし、「我々はみな、シンゾーと彼のすばらしい家族のために祈っている!」とSNSに投稿した。

 トランプ氏が投稿したのは、自身が立ち上げたSNS「トゥルース・ソーシャル」。安倍氏について、「真に偉大な人間でリーダー」で、「私の真の友人で、さらに重要なことに、米国にとっての真の友人だ」と表現。事件を受け、「日本のすばらしい人々にとってのとてつもない衝撃だ」とも書き込んだ。

 安倍氏は首相在任時、トランプ氏と個人的な蜜月関係を築き、首脳外交を展開した。トランプ氏が米大統領選で勝利した直後の2016年11月には、世界の首脳に先駆けて米ニューヨークのトランプタワーに赴き、トランプ氏と会談した。(ワシントン=清宮涼