アベノミクス理論の元ブレーン、浜田宏一氏「安倍さんに教えられた」

有料記事

ワシントン=榊原謙
[PR]

 街頭演説中に銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の経済ブレーンだった米エール大の浜田宏一名誉教授(86)が朝日新聞の取材に応じた。「銃の事件がたえない米国ならいざしらず、日本で起きるとは。人生が分からなくなった」と事件の衝撃を語り、「まだまだ世界に対してリーダーシップを発揮していただけると思っていた」と惜しんだ。

 浜田氏は大規模な金融緩和で物価上昇をめざす「リフレ派」として知られた。第2次安倍政権の発足前から金融理論を安倍氏に指南した「アベノミクスの生みの親」の一人で、第2次政権では内閣官房参与も務めた。

 「家で本ばかり読んでいます」

 第1次安倍政権の退陣後、安…

この記事は有料記事です。残り686文字有料会員になると続きをお読みいただけます。