脱・戦後レジームに警戒、戦略的互恵関係は評価 中国がみた安倍外交

有料記事

北京=林望
[PR]

 中国外務省は8日、「事件に大きな驚きを覚えている。安倍元首相はかつて中日関係の改善と発展に貢献された」と報道官による哀悼のコメントを出した。

 中国共産党機関紙、人民日報(海外版)はサイトで安倍晋三氏が死去したことを速報し、「政治人生を通じて、憲法改正と『戦後レジーム』からの脱却を目指した」などと伝えた。

 安倍氏は歴史や安全保障問題をめぐって繰り返し中国の強い警戒を呼び起こした。そうした印象からか、中国のネット上では安倍氏への批判的な書き込みも少なくない。しかし、対日政策にかかわる専門家らの間には、両国の「戦略的互恵関係」という新しい枠組みを示し、尖閣諸島をめぐる対立などで極度に悪化した関係を落ち着かせたリーダーとしての評価もある。

 安倍氏は第1次政権発足直後…

この記事は有料記事です。残り887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。