「口数少ない」「仕事は時間内に」 安倍氏銃撃、容疑者を知る人は

有料記事

[PR]

 安倍晋三元首相(67)が銃で撃たれて殺害された事件で、殺人未遂容疑で奈良県警に現行犯逮捕された無職、山上(やまがみ)徹也容疑者(41)=奈良市大宮町3丁目=は5月、勤務先の企業を辞めていた。職場では周囲から「おとなしい性格」とみられていた。県警の調べに淡々と応じているという。

 山上容疑者が勤務先に伝えたところによると、1999年に進学校として知られる奈良県の県立高校を卒業した。2002~05年は任期制の自衛官として海上自衛隊で働いた。

 その後は測量会社でアルバイトをしながら測量士補の資格を取得し、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーの資格も取った。最近10年ほどは職場を移りつつ、派遣社員としてフォークリフトを使った仕事に従事していたという。

 20年10月には大阪府内の人材派遣会社に登録した。同社の採用担当者によると、フォークリフト関連の求人に応募してきた。面接時はTシャツにジーパン姿。「口数が少なく、おとなしい印象だった。受け答えから物事を順序立てて考えていることがわかり、頭は良いのだろうと感じた」と振り返る。

 仕事以外では映画鑑賞や読書、パソコンゲームが趣味だと伝えていたという。

昼食は車の中で1人…

 派遣先は京都府内の企業の倉…

この記事は有料記事です。残り838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!