「安倍さんが撃たれた」 駆けつけた内科クリニックの医師が見た光景

有料記事

加藤あず佐
[PR]

 安倍晋三元首相が銃撃を受けた直後、救護にあたった医師が9日、取材に応じ、緊迫した当時の状況を語った。

 「安倍さんが撃たれた」

 演説場所付近にあるビル3階の「中岡内科クリニック」に、患者の家族が駆け込んできた。

 「何が起きたのか」

 院長の中岡伸悟さん(64)が診察を中断し、現場に向かうと、安倍氏がぐったりと仰向けに倒れ、女性の心臓マッサージを受けていた。

 顔面は白く、瞳孔も開きかけ…

この記事は有料記事です。残り387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。