民主主義守るため、普段通りの投票が「抵抗」 九州大・南野森教授

有料会員記事参院選2022

杉山あかり
[PR]

 「こんな時だからこそ、普段通りの投票を」。南野森(しげる)・九州大教授(憲法学)はこう呼びかける。

 安倍晋三元首相が銃撃され、死亡した事件は「絶対に許してはならない」と強調し、事件で有権者の投票行動が感情的になり、選挙結果に影響を及ぼす可能性を心配する。

 長期的に選挙や政治に悪影響が出ることも不安視する。

 例えば、街頭演説は候補者の…

この記事は有料会員記事です。残り659文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]