ロシア、ウクライナ北東部でも併合画策か 「双頭のワシ」が示すもの

有料記事ウクライナ情勢

佐藤達弥
[PR]

 ロシアはウクライナの南部などにとどまらず、北東部でも併合を画策している可能性が高い――。米シンクタンクの戦争研究所(ISW)は9日に発表したウクライナ情勢の分析で、こんな見方を示した。

 ISWが引用したロシア政府系ニュースサイトによると、北東部ハルキウ州のロシア側占領当局が州の新たな「紋章」を取り決めた際、この当局の幹部が「ハルキウ州はロシアの領土に不可欠な一部分」と発言した。

 紋章に帝政ロシアの国章「双…

この記事は有料記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。