• アピタル

マカオ、カジノが全面営業停止 コロナで「ロックダウン」1週間

[PR]

 マカオが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11日から1週間、事実上の都市封鎖ロックダウン)に入った。地元経済を支えるカジノも全面的に営業停止となり、株式も急落。飲食のデリバリーなど一部の職種を除いて市民は自宅待機となり、普段はにぎやかな街も人通りがなくなった。

 マカオでは6月中旬から感染が広がり始めた。マカオ政府によると、11日までに人口約68万人のうち1500人以上が感染。先月から全住民対象のPCR検査を6回行ってきたが、感染拡大を食い止められなかった。より感染力が強いとされるオミクロン株の亜系統「BA.5」が広がっているためとみられる。

 マカオは香港と同様に「一国二制度」が認められた特別行政区。ただ、マカオはもともと親中派勢力が圧倒的に強い。新型コロナによる累計の死者数は2人にとどまっているが、中国の習近平(シーチンピン)指導部が続ける「ゼロコロナ」政策に沿った対応をとることを決めた。17日にかけ、さらに全住民を対象にしたPCR検査を4回実施する。清掃や警備職員、飲食の配送員などは業務を続けるが、毎日のPCR検査が義務づけられる。

 マカオの基幹産業であるカジ…

この記事は有料記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]