• アピタル

障害ある子も医療ケア必要な子も学校で受け入れ 文科省調査で2割増

有料記事

桑原紀彦
[PR]

 発達障害などで通常学級に在籍しながら別の教室で「通級指導」を受ける児童生徒が2020年度に約16万4700人となり、前年度から2割増えたことが11日、文部科学省の調査でわかった。人工呼吸器などを使いながら幼稚園、小・中・高校に在籍する「医療的ケア児」は21年度1783人で前回(19年度)から2割増えた。

 文科省は、障害のある子を受け入れる環境が整い、障害のない子と共に学ぶインクルーシブ教育が広がっていることが背景にあるとみている。

 通級指導は20年度を通じて、医療的ケア児は21年5月1日の状況を調べた。

 通級指導を受ける児童生徒に…

この記事は有料記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。