連合会長「予想以上に厳しかった」 立憲・国民の溝うめられず

有料記事

三浦惇平
[PR]

 労働組合の中央組織・連合の芳野友子会長は11日の会見で、連携する立憲民主党国民民主党参院選で低調だったことについて、「予想以上に厳しかった」と振り返った。連合は両党の溝を埋めて野党共闘を進めることができず、芳野氏の言動は「自民シフト」との疑念も呼んだ。選挙結果を受け、連合内で会長批判が高まる可能性もある。

 連合は選挙区では立憲や国民民主などの候補46人を推薦したが、当選は14人にとどまった。比例区は産別労組の組織内候補を両党から計9人出したが、電機連合の候補1人が落選した。

 芳野氏は会見で、参院選の敗…

この記事は有料記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!