第51回「悪い人おったん?」問われて娘は泣いた 捕まった男が話したことは

有料記事

山田佳奈
[PR]

 大阪府の女性(20)は外出するとき、必ず防犯ブザーを身につける。

 たすきがけにはしない。首からまっすぐにぶら下げる。それには理由がある。

 「かわいいね」

 昨年、女性は駅で見知らぬ男から声をかけられた。

 特別支援学校を卒業し、社会訓練のために事業所に通っていたときだ。

 怖かったが、何も言えなかった。軽度の知的障害があり、家族以外の人には言葉を発せなくなる「場面緘黙(かんもく)」という症状があるからだ。

 男に手をつかまれた。

 いやだと首を振ったが、そのまま500メートルほど先の人通りが少ない一角に引っ張っていかれた。

 ラブホテルがあった。

「子どもへの性暴力」第7部は障害のある子どもの被害について取り上げます。障害のある子どもは、そうでない子どもと比べて、被害を被害と認識できなかったり、助けを求めることが難しかったりします。目を背けずに事実を知ることが予防や対策への第一歩と考え、記事では被害の状況などを詳しく書いています。

 部屋でセーターをまくり上げ…

この記事は有料記事です。残り1470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る