ニコン、一眼レフカメラの開発を停止 成長するミラーレスに注力

有料記事

鷲田智憲
[PR]

 ニコンがデジタル一眼レフカメラの開発を止めていることが12日、わかった。1959年から60年以上にわたり、プロや愛好者向けに幅広い機種を販売してきた。今後は成長が見込めるミラーレスカメラの開発、生産に注力していく方針だ。

 ニコンは59年にフィルム一眼レフ「ニコンF」を初めて売り出した。90年代にはデジタル一眼レフに主軸が移った。最新機種は2020年6月発売の「D6」だ。D6のボディーは宮城県の工場でつくっていたが、21年にタイにある子会社の工場に移管した。

 一眼レフの市場は縮小傾向で、ニコンはいったん新規の開発を止める。既存製品の生産や販売は続け、将来は開発を再開する可能性もあるという。ニコンは「デジタル一眼レフカメラの生産、販売、サポートは継続しており、引き続き安心してご利用いただきたい」としている。

 カメラ映像機器工業会のまと…

この記事は有料記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年7月12日21時57分 投稿
    【視点】

    長年のニコン党だった者にとっては、ショックなニュースです。 私が最初に手にしたカメラは、中学生の時に長年の貯金をすべてはたいて買ったニコンFM。簡単な露出計以外はすべて機械制御の一眼レフでした。新聞社に入社後も使い続け、多くの事件現場や高