山上容疑者の生い立ち知る男性が語った「てっちゃん」 最後に見た涙

有料記事

増山祐史、加藤あず佐
[PR]

 安倍晋三元首相が銃で撃たれて殺害された事件で、殺人容疑で送検された無職の山上徹也容疑者(41)の一家をよく知る男性が12日、取材に対し「本当に信じられない。生い立ちを知る立場からすると、心が張り裂けそうだ」と話した。

 男性によると、山上容疑者には兄と妹がいた。愛称は「てっちゃん」。感情を表に出さず、口数も少ないが、高校で応援団として頑張る姿を見て「地味だけど、頑張り抜く子だ」と思っていた。

 だが、父親が死去したころ…

この記事は有料記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。