大阪いらっしゃいキャンペーン 14日で事業終了

久保田侑暉
[PR]

 大阪府吉村洋文知事は11日夜、近隣府県の在住者が大阪で旅行した場合の費用を助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン」について、現在の期限となっている14日で事業を終了する方針を明らかにした。府内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事業を延長しないことを決めた。

 12日には記者団に対し、旅行先の府県での割引事業についても15日以降は、「(府民は)利用できないだろう」との見方を示した。

 吉村知事は現在の感染状況について、「第7波に入った」との認識を示しており、感染対策の徹底を呼びかけている。

 キャンペーンは関西2府4県の住民を対象に、府内での旅行代金を最大5千円割引し、地域で使えるクーポンを配布するもの。観光振興策として国が進める事業で、国の補助金を活用している。他府県も同様のキャンペーンを実施し、府民が府外に旅行する際にも利用できる。(久保田侑暉)