教室ではにかんでいた「団長」 安倍元首相銃撃事件、埋まらない差

有料記事

机美鈴 阿部峻介
[PR]

 「はしっこ系」で応援団員だった「彼」が、暑い日も寒い日も、学ランを着て声を張り上げている姿を覚えている。そして、将来の夢のことも。高校時代のクラスメートは、事件とのギャップを埋められずにいる。

 同じクラスになったのは高校2年の時だった。彼はクラスの中で群を抜いて素朴。「机の上に手を重ね、あごをのせて、よくポケーッとしていました」

 好んで一人でいるように感じたが、声をかけると、うれしそうに笑顔を見せてくれた。

 クラスで何か決めるときも、「ニコッとして『うぃーっす』などと言って、何でも受け入れるタイプだった」。いつも謙虚で、他人の希望を優先していた。

 部活は応援団。「古風なスタイルで、一年中、日が暮れるまで発声練習をしたり、腹筋を鍛えたりしていた」と振り返る。

 強豪として知られる硬式野球部が春の選抜大会に出場したときには、阪神甲子園球場のスタンドで一生懸命声を出す姿を見た。

 そんな彼が逮捕された。

 安倍晋三元首相(67)が銃…

この記事は有料記事です。残り1846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    氏岡真弓
    (朝日新聞編集委員=教育、子ども)
    2022年7月14日7時15分 投稿
    【視点】

    【人間に近づく回路】 同級生から見た山上徹也容疑者。 「ニコッとして『うぃーっす』などと言って、何でも受け入れるタイプだった」「古風なスタイルで、一年中、日が暮れるまで発声練習をしたり、腹筋を鍛えたりしていた」「応援のポーズ教えてやと周

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]