4人のキャッチボールから始めた 単独出場の小国、1勝の夢は後輩へ

杉浦奈実
[PR]

 (13日、高校野球熊本大会 八代13―0小国)

 2年前の春、部員0人だった小国は主将の石川慧(あきら)、二塁手の宗像颯乙(はやと)、遊撃手の時松虎太郎、中堅手の穴井亮多の4人でキャッチボールから始めた。「楽しく野球をやろう」と声をかけ、翌年には5人が入部し、4年ぶりに単独チームで夏の熊本大会に挑んだ。

 2年連続での出場となった今夏の初戦、先発した石川は初回を無失点に。宗像の声は、ピンチでも途切れなかった。時松は盗塁阻止に貢献し、穴井はセーフティーバントを決めた。

 念願の勝利には届かなかったが、「最初は、単独出場ができるとも思っていなかった。後輩たちに感謝です」と穴井。笑顔で公式戦1勝の夢は、来年に引き継がれた。=県営八代(杉浦奈実)