次期参院議長、自民・尾辻氏が有力 副議長は立憲・長浜氏の方向

有料記事自民立憲

楢崎貴司、鬼原民幸
[PR]

 参院選の結果を受け、政府・与党は8月3日に臨時国会を開く方向になった。会期は5日までを想定している。自民内では、次の参院議長に尾辻秀久元厚生労働相(81)を推す案が有力となっている。野党第1党の立憲民主党は、副議長に長浜博行・元環境相(63)を推す方向だ。

 尾辻氏は参院鹿児島選挙区選出で当選6回、茂木派に所属する。鹿児島県議を経て、1989年に参院選比例代表で初当選した。2004年に小泉政権で厚労相として入閣。自民党の参院執行部のトップにあたる参院議員会長や参院副議長などを歴任した。

 幼い頃に父親をソロモン諸島

この記事は有料記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。