シャインマスカット盗驚きの「手口」 収穫間近、伊万里の果樹園被害

有料記事

[PR]

 高級ブドウ「シャインマスカット」を盗んだのは誰だ――。

 13日午後5時40分ごろ、佐賀県伊万里市南波多町で、果樹園を経営する60代男性から「ビニールハウスのシャインマスカットが大量になくなっている」との通報が佐賀県警伊万里署にあった。巧妙な「手口」によって、盗難被害に気づくのが遅れた可能性があるという。

 署によると、8棟をつなげたビニールハウス(長さ33メートル、幅約50メートル)で育てていた約35本のシャインマスカットの木から、約150房がなくなっていたという。来週が収穫予定だったといい、販売価格は計約45万円相当(1房あたり約3千円相当)になるという。署は窃盗容疑で調べている。

 被害に遭ったのは「道の駅伊…

この記事は有料記事です。残り312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!