• アピタル

話し相手でも「大変な緊張感」 ヤングケアラーの実態を報告

有料記事

添田樹紀
[PR]

 家族の世話や家事を日常的に担う子ども「ヤングケアラー」について、大阪市や市教育委員会、大学教授らでつくるチームは14日、市立中学校の生徒を対象にした調査報告書をまとめた。ヤングケアラーと考えられる子どもは全体の1割近くで、ケアに携わった期間の平均は3年9カ月。ケア時間が長いほど自らを健康と感じる度合い(健康感)が低かったという。

 調査は中学1~3年生に対して昨年11月~今年1月に実施。4万5268人から有効回答を得た。

 報告書によると、ケアを要する家族の介護や家事手伝いを「している」と答え、ヤングケアラーと考えられる子どもは4133人(9・1%)。ケアする家族が母親の場合は精神疾患などがあるケース、父親の場合はアルコールに依存する傾向があるケースの割合が高かった。ケアの内容では「話し相手」が最も多かったが、精神的に不安定な家族のサポートは、話題や言葉、表情を選びながら行う必要から、「大変な緊張感を伴う」とした。

 また、毎日ケアをしている子ども約1400人のうち、1割以上が「1学期に学校を10日以上欠席した」と回答した。1日あたりのケア時間が6時間以上となったケースで、健康感が顕著に低かった。

「酷な状態な子がいる」と指摘

 大阪歯科大の浜島淑恵教授は…

この記事は有料記事です。残り241文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント