原油増産「期待できない」 米専門家が見るバイデン氏のサウジ訪問

有料記事

ワシントン=榊原謙
[PR]

 就任後初めて中東諸国を訪問中のバイデン米大統領は15~16日、サウジアラビアを訪れる。ウクライナ危機で高騰した原油価格に対応するため、世界有数の産油国であるサウジから原油の増産を引き出したい狙いがある。エネルギー安全保障に詳しい米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)のベン・ケーヒル氏に見通しを聞いた。

 ――バイデン氏はサウジから原油の増産を勝ち取れるでしょうか。

 「サウジが大幅な増産に応じるのは難しいだろう。エネルギー分野で大きな進展は期待できないと思う」

 ――なぜですか…

この記事は有料記事です。残り953文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!