ウミガメ30匹以上、首などに傷 久米島の海辺、駆除された可能性も

光墨祥吾、国吉美香
[PR]

 沖縄県久米島(久米島町)の海辺で14日午後、30匹以上のウミガメが動けなくなっている状態で発見された。島民から連絡を受けた「久米島ウミガメ館」の職員が、首やヒレなどに刺されたような傷を見つけた。関係者によると、漁の網に絡まったウミガメを、漁師が駆除のために傷つけた可能性が高いという。

 ウミガメ館は島内でウミガメの保護などを行っている。14日午後3時過ぎ、島民から「ウミガメが網に絡まっている」と連絡があり、職員らが駆けつけたところ、島の東側に広がる遠浅の海辺で、大量のウミガメを確認。首などに鋭利な刃物で刺されたような傷があり、ほとんどが衰弱していたという。一帯は藻場が広がり、環境省絶滅危惧種に指定するアオウミガメが餌を求めてよく訪れる場所という。

 職員の一人は「死んでいたのも多かったと思う。こんな事態は初めてで、心の整理がつかない」と話した。一方、関係者によると、地元では刺し網漁でウミガメが網にかかった場合、漁師がカメを取り除くために衰弱させる方法をとる場合もあるという。県警は人為的な要因もあるとみて慎重に調べている。(光墨祥吾、国吉美香)