第1回3歳で漢字、小4で英検準1級 IQ154が泣いて苦しむ小学校生活

有料記事

阿部朋美 伊藤和行
[PR]

 学校には週に何度か行く。

 学校に行かない日は美術館に行ったり、パソコンで映像作品を作ったり。

 学校のルールになじめずに泣き、悔しい思いをしてきた。

 そうして、見つけたのが「選択的登校」というかたちだ。

 東京都に住む小学5年の小林都央(とお)さん(10)は、体調や時間割をみて週に3日ほど学校に行く。

 都央さんにとって学校は「ありのままの自分でいられない場所」だ。

 ヘアドネーション(髪の寄付)のために2年間伸ばしている長い髪。トイレに入ると、「なんで女子が入ってくるんだよ」と言われた。

 好きな組み合わせで履く左右違う色の靴下を「おかしい」といじられたこともある。

連載「ギフテッド 才能の光と影」(全6回)はこちら

特異な才能を持つ子どもたちを指す「ギフテッド」。「神から授けられた」という意味の英語が語源です。ただ、「光」の強さの分だけ「影」もあります。日本でも、当事者への支援をめぐる議論が始まっています。

日曜の深夜に嘔吐、うなされる夜も

 漢字は3歳ごろから路線図で…

この記事は有料記事です。残り2388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2022年7月30日15時18分 投稿
    【視点】

    都央くんの気持ち、よくわかる。僕も若いころから好奇心旺盛で何でも学びたいタイプ。そして、周りから少し「変わっていた」存在。僕も(今も)左右違う靴下をはいて何が悪いと思う。小学生の頃はトレーナーを裏返し、しかも後ろ前でよく着ていた。授業中にみ

  • commentatorHeader
    宮坂麻子
    (朝日新聞編集委員=教育・こども)
    2022年7月22日17時10分 投稿
    【視点】

     突出した才能や能力がある。一方で、ほかの人が簡単にできることなのに、苦手なこともある。そんな子どもたちを多く取材してきた。  ギフテッドと言われる子どもたちがみんな、そうした激しい凸凹があるわけではない。ただ、多くの凸凹のある子どもたち