節目の年に垣間見えたやまびこ打線 監督「うちは池田高校ですから」

編集委員・稲崎航一
[PR]

 (16日、高校野球徳島大会2回戦 徳島商6―2池田)

 打てば響く「やまびこ打線」。1982年、全国選手権を制したのは強打の池田だった。

 江上光治、畠山準、水野雄仁らの強力打線を擁し、準々決勝でエース荒木大輔早稲田実(東京)を14―2と打ち砕いた。

 決勝も伝統校の広島商に12―2と大勝した。

 犠打や機動力を重視する「広商野球」をパワーで圧倒したことで、池田は高校野球に革命を起こしたと言われた。

 現在の井上力監督もその強打に憧れて池田に入学し、外野手として86年の選抜大会で優勝した。

 あの夏の全国制覇から、ちょうど40年になる。池田は1922年の学校創立から100年を迎えた。

 この日、春の県大会を制した徳島商を相手に、池田は伝統の一端を見せた。

 一回、先頭の森幹太(3年)が四球で出塁。2番小角光太(3年)は送りバントの構えも見せない。2球目をフルスイングすると、打球は右翼手の頭上を越える。先制の適時三塁打となった。

 無死三塁からも策はなし。3番は三振に倒れたが、4番内田颯人(3年)も左前適時打を放ち、2点目を挙げた。

 その後、投手陣が徳島商打線に逆転されたが、鮮やかな先制パンチだった。

 試合後、スクイズなどを使わなかったことを問われた井上監督は答えた。「格上相手にチマチマ送っても通用しませんから」

 そして、強い口調で続けた。

 「うちは池田高校ですから。時代は変わっても、やまびこ打線の代名詞はついてくる。自分もあの打線に憧れて、池田で育ててもらいました。今の選手もみんな後輩です」

 節目の年。やまびこが一瞬、快音を響かせた。(編集委員・稲崎航一)

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年7月16日23時37分 投稿
    【視点】

    「やまびこ打線」に憧れて少年野球時代を過ごしたわたしにとって、「IKEDA」のユニホームは別格です。 一回表、無死一塁から2番打者が豪快に打って三塁打。「これが池田高校だよ!」と、身震いがしました。 甲子園だったらどれだけのファンが