「ずっとおうえん」してくれた7歳の君へ 謎の手紙から出会った2人

有料記事

高億翔
[PR]

 17日、高校野球長野大会3回戦、ウェルネス長野7―6松本深志

 3点を追う三回表。2死から松本深志の宮下敏尚(3年)は、高めの球をうまく捉えた。中前への安打。その姿を、バックネット裏から見つめる男の子がいた。

 宮下が身に覚えのない手紙を受け取ったのは今年の4月だった。

 「ずっとふかしをおうえんしてます」「みやしたくんのことをみてます」

 同校事務職員の中村さつきさ…

この記事は有料記事です。残り527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!