海の外、5万人が揺れる盆踊りがあった 政治の横やりはねのけた情熱

有料記事

マレーシア・セランゴール州=西村宏治
【動画】マレーシアで開かれた盆踊り大会=西村宏治撮影
[PR]

 3万人を超える参加者を集め、日本の外では最大級と言われる盆踊り大会が、マレーシアにあります。1977年に始まり、今年で46年目。コロナ禍もあり、3年ぶりの開催となりました。

 ところが今年は開催をめぐり、ひともめありました。6月、マレーシアの国教でもあるイスラム教に関連した政策を担当する大臣が「イスラム教徒は、盆踊り大会に参加しないように」という発言をしたからです。

 実際はどうなのか。やはり参加をためらう人が多いのか。そう思いながら会場を訪ねてみると、驚きの光景が広がっていました。

 7月16日、首都クアラルンプールの西、日系企業の工場が集まるセランゴール州シャーアラム。パナソニックの工場群の中にあるスタジアムに向かった。

 天気は晴れ。さわやかな風が吹き抜ける絶好の祭り日和だった。

 午後6時、スタジアム周辺は大渋滞だった。車で送ってくれたマレーシア人の友人が「ふだんはここまでは混まないよ。かなりの人が集まっているんじゃないかな」と言った。

 車が動く気配がないので、会場から1キロほど手前で降ろしてもらう。同じように、歩いている人たちが少なくない。

 ところどころ、浴衣で着飾っている人も多く、髪を覆う「ヒジャブ」と呼ばれる布をかぶっている女性も目につく。イスラム教徒たちだ。

 その様子を見ながら「心配は、杞憂(きゆう)だったか」と思った。

「イスラム教徒は参加すべきではない」 突然の声明

 「盆踊りには、イスラムに影響を与えうる(他宗教の)要素が含まれている。イスラム教徒は参加すべきではない」

 マレーシアのイドリス首相府相(宗教担当)が、そう発言したのは6月初めのことだった。

 イスラム教は、他の宗教を同…

この記事は有料記事です。残り3651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!