大きなミスや後悔…いつか酒のつまみ 大阪大会のラストミーティング

有料記事

[PR]

 第104回全国高校野球選手権大会は連日、熱戦が繰り広げられています。試合後、各球場をあとにしたチームのミーティングから、監督や選手らの言葉を紹介します。今回は大阪の大手前・登美丘・汎愛が登場します。

大阪大会2回戦、大阪桐蔭10―0大手前

 大手前・貴田浩司監督 正直、五回コールドで終わると思てた……。五回で終わらさなかったこと、誇ってくれ。この試合を単なる思い出にするんじゃなくて、今日得たことを次の勝負に生かして欲しい。3年生にとっては受験がある。今からが勝負の時期や。

 新チームになって全然勝てな…

この記事は有料記事です。残り922文字有料会員になると続きをお読みいただけます。