電動キックボードって? 飲酒運転・歩道・2人乗り…いずれも禁止

有料記事

添田樹紀
[PR]

 大阪市内の路上で最近よく見かけるようになった「電動キックボード」。一体どんな乗り物なのか。スピードは? 乗り心地は? 交通ルールは? 記者(29)が市内のシェアサービスで体験してみた。

 ゴールデンウィーク直前のある日、仕事を終え、取材を担当する大阪市役所(同市北区)を出た。「今日は歩いて帰ろうか」。だが自宅までは徒歩で30分。疲れた体には少し遠い。近くで「電動キックボード」を貸し出していたと思い出し、行ってみることにした。乗ったことはないが、よい機会だ。

 大阪や京都、東京などでシェア事業を展開する「Luup」(東京都)によるサービス「LUUP」。国の認可を受け、個人所有の車両とは交通ルールが異なる特例の電動キックボードだ。京阪なにわ橋駅近くの駐輪場に併設されたエメラルドグリーンの看板が目印の無人シェアポートで案内に従い、スマートフォンに同社のアプリをインストールした。ポートでは車両を借りたり、返したりできる。

 アプリに登録し、電動キック…

この記事は有料記事です。残り1775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。