連続Vめざした宮崎商が3回戦敗退 昨夏の甲子園はコロナで試合辞退

森田博志
[PR]

(19日、高校野球宮崎大会 都城商4―1宮崎商)

 宮崎大会で連続優勝を目指した宮崎商が3回戦で敗れた。昨夏は甲子園入りした後にコロナ感染が判明し、試合を辞退。エースで4番の長友稜太主将は「どこの高校よりも自分たちには大事な場所」と2年越しの思いで臨んでいた。好投手の都城商・宮山凌太朗を打ち崩せなかった。橋口光朗監督は「このチームは(コロナ禍で)スタートも遅れた。悔いは残るが、精いっぱいやりきった」。=サンマリン宮崎(森田博志)