記者の目を見て明かした心 羽生結弦が何度も口にしたファンへの思い

有料記事

山下弘展
[PR]

 フィギュアスケートのみならず、日本のスポーツ界をリードする存在だった羽生結弦が19日、新たなスタートラインに立った。都内のホテルで開かれた記者会見には、約150人の報道陣が詰めかけた。

 羽生は冒頭こそ言葉に詰まる場面もあったが、質疑応答に移ると、理想のフィギュアスケート像や競技へ戻る気持ちはないことなどを丁寧に答えていった。

 オリンピックへの思いを問われると、「自分が生きている証し。そして、皆さんとともに歩み続けた、頑張った証しでもあります。これから頑張っていくための土台でもある」特別な存在だと語った。

 会見中、たびたび口にしたのはファンへの思いだ。「自分に特別な力があるとはまったく思っていない。応援して頂けるから、応援の力があるから、僕はうまくなっているだけなんだなってすごく思っています」。応援こそが、自らの演技を進化させ、深化させる原動力だと強調した。

記者と視線を合わせる羽生独特の記者会見

 羽生は、演技を終えて多くの…

この記事は有料記事です。残り185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]