中学生に袋かぶせて殴り監禁か NPO法人理事長・小学校教員を逮捕

有料記事

板倉大地、杉山あかり
[PR]

 中学生を拘束して監禁したなどとして、福岡県警は20日、同県久留米市の障害者施設の代表で、運営するNPO法人「さるく」(福岡市)理事長、坂上(さかうえ)慎一容疑者(57)=同市早良区西新5丁目=と、同県志免町立小学校の教諭、松原宏容疑者(37)=同県篠栗町中央5丁目=を逮捕監禁と強要の疑いで逮捕し、発表した。

 同法人は、発達障害のある子どもらを対象に、自立を支援する通所施設を運営。この中学生も発達障害があり、母親が相談していたという。県警は認否を明らかにしていないが、関係者によると、坂上容疑者は事実関係をおおむね認め、「金もうけのためではなく、(子どもや保護者を)救うためにやった」と説明。反省の言葉も口にしているという。

 捜査1課によると、2人は昨年10月9日午前0時ごろから同11日午後7時半ごろ、長崎県の中学校の男子生徒(当時14)宅で、この生徒の手足を結束バンドなどで拘束。頭に袋をかぶせて殴るなどして脅し、車で久留米市の施設などに連行して監禁したほか、生徒が自分の非を認める文章を書くよう強いた疑いがある。県警は家宅捜索で今回の容疑などを裏付ける動画を押収。同様の被害を約10件確認したという。

 関係者によると、生徒の母親が坂上容疑者が主催する合宿に参加させることを決め、約100万円を支払っていた。

 志免町教育委員会などによる…

この記事は有料記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年7月20日20時13分 投稿
    【視点】

    被害者の少年・少女たちはさぞ怖かっただろうと思います。 しつけについても、受験サポートについても、健康の問題についても、何事も、いままでどうにもならなかった問題をインスタントに改善するなんて魔法はあるわけがないんです。 人生において不安