ネットカフェ立てこもり事件、懲役20年判決「前例みないほど悪質」

有料記事

仁村秀一、森下友貴
[PR]

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで昨年6月にあった立てこもり事件で、逮捕監禁致傷などの罪に問われた住所不定の無職、林一貴被告(41)の裁判員裁判の判決公判が20日、さいたま地裁であった。佐々木一夫裁判長は「同種事案でも前例をみないほど悪質」として、求刑通り懲役20年を言い渡した。

 判決によると、林被告は昨年6月17日午後2時25分から18日午後10時40分ごろ、20代の女性店員を客用の個室(約3平方メートル)に監禁するなどして、首や頭に2週間のけがを負わせた。

 林被告は公判で、動機につい…

この記事は有料記事です。残り306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!