無所属、第3GK、出場1試合…それでも川島永嗣が欧州で闘う理由

有料記事

照屋健
[PR]

 5月、フランス1部ストラスブールのスタジアム。GK練習はスタンドから最も近い場所で行われた。

 「カワシマー」。子どもたちの声がよく届く距離で、川島永嗣がシュートを止める。

 「こっちでは、GKは花形のポジション。よく見られているし、人気なんですよね」。注目度が高く、重圧のかかる環境でいかに成長できるか。その点にこだわり、年齢を重ねてきた。

 39歳。日本代表では最年長で、欧州5大リーグで唯一プレーする日本人GKだ。27歳で海を渡り、もう10年以上が過ぎた。

 2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に分岐点があった。

 欧州に残るか、それとも………

この記事は有料記事です。残り1324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!