第1回やんちゃだった僕を認めてくれた先生 居酒屋で一緒に泣いてくれた

有料記事

宮崎亮
[PR]

 「どうも、吉本興業の、かまいたち・濱家です」

 5月、元小学校教師の久保敬さん(60)の退職祝いの会で、こんなあいさつで始まる動画が前ぶれなくスクリーンに映し出された。

 お笑いコンビ「かまいたち」の濱家(はまいえ)隆一さん(38)によるメッセージ動画だ。思いがけない「来賓」の登場に、大阪市内の会場はどよめいた。

 「すごい生徒のことを細かく見てる」「僕たち生徒はそこをみんな喜んでましたね」。恩師の久保さんとの思い出を語る濱家さんの自撮り動画は5分近くも続いた。

 この「久保先生」が昨春、一躍有名になった出来事があった。大阪市立木川南小学校の校長として松井一郎市長らに対し、緊急事態宣言中の市立小中学校の学習方針を批判する「提言書」を書き送ったのだ。

 現職校長としては異例の行動。市教育委員会から文書訓告を受けたが、その後も児童や保護者、同僚からの信頼は変わらず、今年3月に惜しまれながら定年退職した。

 その久保さんが1994~95年度に担任を受けもった小学生の一人が、濱家さんだった。

 6月中旬、そろって朝日新聞の取材に応じた2人に当時を振り返ってもらった。

連載「僕の好きな先生 ~かまいたち・濱家隆一のいた教室」(全3回)

「あの時久保先生に出会えてなかったら人間歪(ゆが)んでたかもなぁとよく思います」。濱家さんが、30年近く前の担任の先生をいまも慕う理由とは。3回の連載記事でお伝えします。

 《僕は、宿題もせえへんし、教科書も持っていかへんし、ほんま手ぶらで学校行くようなやつやったから》

 大阪市東淀川区の市立豊里小学校に通っていた濱家さん。幼い頃に両親が離婚し、4年生まで母、姉との3人暮らしだった。

オカンの前で「片親やから、ぐれるのしゃあないですわ」

 《家での出来事は僕、うっす…

この記事は有料記事です。残り2751文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年7月27日18時42分 投稿
    【解説】

    全3回を読んでからコメントしようと今日まで待ってました。大袈裟ではなく涙なくしては読めない内容で、いまもその余韻に浸っています。当初は3回まとめてコメントするつもりでしたが、これだけ内容の濃い記事にそれはもったいなく、各記事にコメントします

  • commentatorHeader
    武田緑
    (教育ファシリテーター)
    2022年7月27日14時47分 投稿
    【視点】

    久保さんとは提言を出される前から付き合いがあり、5年ほど前でしょうか、たまたまM-1の話題になった時に「かまいたち応援したってな!濱家、教え子やねん。あいつほんまがんばってるんよ。」とおっしゃっていたのをよく覚えています。 連載を最後

連載僕の好きな先生 ~かまいたち・濱家隆一のいた教室(全3回)

この連載の一覧を見る