ロシア、ガス供給を再開 供給能力の3割のみ 欧州に揺さぶりか

有料記事

フランクフルト=和気真也
[PR]

 定期検査のため稼働停止していたロシアの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」が21日、ガスの供給を再開した。ロシアが欧米の経済制裁に対抗し、検査終了後も供給しないのではないかとの懸念が、経由地のドイツをはじめ欧州で広がっていた。

 定期検査が予定通り終わり、21日早朝に供給が再開されたと運営会社が発表した。ただ、欧州メディアによると供給量は3割に抑えられているという。ロシアは検査前の6月、制裁によりカナダで修理した部品が戻らず供給を絞る必要があるとし、供給量を供給能力の4割まで削減していた。

 ロシア国営の天然ガス企業ガ…

この記事は有料記事です。残り470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント