キャスターボードの安全な乗り方とは 元五輪選手の代表理事に聞いた

有料記事

聞き手・田中祐也
[PR]

 子どもたちを中心に人気のキャスターボード。2006年トリノ五輪スノーボードハーフパイプ日本代表で、日本キャスターボード協会代表理事の成田童夢さん(36)に、その魅力や安全な乗り方などを聞いた。

 ――キャスターボードとの出会いは。

 10年ぐらい前にキャスターボードのことを知り、スノーボードのオフのトレーニングに取り入れたのがきっかけです。スノーボードのスラロームの動きと似ているし、「これは体幹が鍛えられるな」と思いました。

 ――19年に日本キャスターボード協会が設立され、代表理事を務めています。

 協会が設立されることになり…

この記事は有料記事です。残り1304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!