東洋大姫路は4回戦で滝川に惜敗 元履正社の岡田監督を迎えた初の夏

森直由
[PR]

(21日、高校野球兵庫大会4回戦 滝川2―1東洋大姫路)

 今春の選抜大会に出場した東洋大姫路が、兵庫大会4回戦で滝川に敗れた。2019年夏に履正社(大阪)を全国制覇に導き、この春に就任した岡田龍生監督は「2、3点勝負だと思っていたけれど、得点できる要素がなかった」と振り返った。

 エースの森健人(3年)は六回から登板したが「直球に伸びがなく、いつもの調子ではなかった」。1―1の同点で迎えた九回、死球や内野安打などで勝ち越された。試合後、「岡田監督の助言のおかげで成長できました」と振り返った。

 この日は計3失策と守備が乱れた。岡田監督は「チームとしてルーズな部分が多いので、まずは基本的な生活習慣から見直していきたい」と話した。=ウインク(姫路)(森直由)