独自

いすを引き倒し、職員が馬乗りに レンズがとらえた小学生暴行の瞬間

有料記事

板倉大地
【動画】障害者施設の職員が利用者の小学生に暴行=読者提供
[PR]

 中学生を脅して拘束したなどとして、福岡県久留米市の障害者施設の代表、坂上慎一容疑者(57)らが逮捕監禁などの疑いで逮捕された事件をめぐり、施設の元通所者で10代の少年が朝日新聞の取材に、内部で職員による暴行が「常態化していた」として、その様子を証言した。専門家は、今回の事件を明らかな「虐待」だと指摘する。

 昨年11月には、少年が施設内で撮影した暴行現場の動画が端緒となり、福岡県警が40代の女性職員を小学生の男児に対する暴行容疑で逮捕=処分保留=していた。県警は21日、坂上容疑者らを送検し、施設内で組織的な監禁や暴行などが行われていなかったか、慎重に調べる方針だ。

 元通所者の少年は発達障害があり、昨年4~11月半ばに通所した。その間、同室だった小学生の男児が大きな声をあげるたびに、担当の職員が隣室にこの男児を連れていき、ドアを押さえて泣きやむまで閉じ込めた。

 少年は当初、男児が大声をあげるから仕方がないと思ったが、職員の行動は日に日に過激になった。恐怖を覚えたという。

 男児が騒ぐと、床にうつぶせ…

この記事は有料記事です。残り969文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    島沢優子
    (ジャーナリスト・チームコンサルタント)
    2022年7月22日15時37分 投稿
    【視点】

     発達障害の子どもに対する虐待という点で、先日報道された発達障害の中学生が、袋をかぶせられた状態で殴られ監禁された福岡の事件が思い出されます。障害のある子を専門にサポートしているはずの大人の蛮行です。 「未だに暴力があるの?」  201

  • commentatorHeader
    太田泉生
    (朝日新聞コンテンツ編成本部次長=人権)
    2022年7月22日12時34分 投稿
    【視点】

    障害の当事者や家族がどんな思いで記事を読むか、想像するだけで苦しい思いがする。 すべてのひとには尊厳があり、生きる権利がある。そのことを社会のなかで何度でも、繰り返し確認し続けなければいけない。 脅しや暴力はそれ自体、到底容認で