政務活動費700万円着服容疑、元豊島区議を書類送検 被疑者死亡で

高嶋将之、山口啓太
[PR]

 議員の会派に支給される政務活動費約700万円を着服したとして、警視庁が東京都豊島区の元区議、古堺稔人容疑者(57)=今年5月に死亡=を21日に業務上横領容疑で書類送検したことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、古堺元区議は2019年5月~21年10月、自身が所属する区議会立憲民主党会派に支給された政務活動費約1400万円のうち約700万円を着服した疑いがある。古堺元区議は会派の幹事長として会計を担当し、通帳などを管理していた。着服金は住宅ローンの返済などに充てていたとみられるという。

 古堺元区議は11年に豊島区議に初当選し、15年に落選。19年に再選を果たし、立憲民主党会派に所属していた。関係者によると、今年4月に池袋署に自首したが、翌5月に死亡した。(高嶋将之、山口啓太)