第8回ハリウッド映画に出てくる核兵器 「なめてない?」宇多丸さんの疑問

有料記事核といのちを考える

聞き手 榎本瑞希
[PR]

ラッパー 宇多丸さん(53)

 小学校の図書室にあった漫画「はだしのゲン」に大きな影響を受けました。自分たちの曲にも「ゲン」が登場します。身内に被爆者はいませんが、原爆投下のことを当たり前に考えてきました。

 核兵器が使われたらどうなるか、世界はどこまでわかっているのかな。

 ハリウッド映画を見ていると、「なめてない?」って思うことがよくあります。

 「インディ・ジョーンズ」で主人公が冷蔵庫に入って核爆発から助かるとか、「ダークナイト ライジング」(2012年)で、街から少し離れた海で爆発させて一件落着するとか。エンタメ作品でも、いちいち言いますよ。日本人だからというより、「ゲン」を読んで広島、長崎で何があったか知っているから。

 「エターナルズ」(21年)では米国映画でありながら原爆投下を悔いる描写があり、画期的と言われました。ただ、広島の街は一面のがれきとして描かれている。直視はしていないですよね。

鋭い映画批評でも人気を集める宇多丸さん。核をめぐる「物語」や、ウクライナ侵攻の受け止めを語ります。

 実際、そこにいた人は一瞬で…

この記事は有料記事です。残り1311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]