婚活、妊活、終活…「○活」なぜ世にあふれる?言葉の裏にあるものは

有料記事

聞き手・田中聡子 聞き手・岸善樹
[PR]

 婚活妊活終活――。「活」が世の中にあふれている。人生のハードルを前向きにとらえていることの表れか、それとも「活」なしには生き抜けないのか。活の時代を考える。

「活」に駆り立てる社会のゆがみ 堅田香緒里さん(社会福祉学者)

 「○活」が世の中にあふれている背景には、国が個人に「自立」や「活躍」を促していることがあると思います。「活」の広がりは、国にとってとても都合がいいとも言えます。「がんばって生き抜かなければならない」となっている社会状況を放置し、自らの責任を後景化させたままでいられるからです。

 市民の最低限の生活を保障する体制の欧州の国々では、もともと福祉を受ける権利に重点が置かれていました。ところが、1980~90年代ごろから、論調が変わります。市民もアクティブに社会に参加し、貢献するという義務が強調されるようになりました。その結果、福祉を受ける権利が縮減されてしまった。

 日本でもこの権利が縮減していますが、日本が欧州と異なるのは、権利が成熟する前に縮減し始めたことです。生活保護の捕捉率は低く、家族関係の手当や給付も、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で非常に低い。

 国は福祉を受ける権利を縮減しつつ、「あなたの活躍を応援します」「能力を発揮してください」というかけ声で自己責任に追い込んでゆく。そのとき「活」は、人々の暮らしの厳しさを、個人の努力の問題にすり替えていきます。貧しい人がいたら、一義的には再分配機能が問われるはずなのに、今の政策はその人を自立させることに主眼を置いています。結婚しない人、子どもを持たない人が増えても、「どんな生き方も社会で支えよう」とはならず、「婚活」「妊活」でもとの社会の形に引き戻そうとする。

あふれる「○活」にどう向き合っていけばいいのでしょうか。記事の後半では、NHK放送文化研究所主任研究員の塩田雄大さんが、「目的をダイレクトに表現せずにすむ」と効果に触れ、需要の存在を指摘します。隠居生活ライターの大原扁理さんは「活」を「正解のひな型」と表現し、「逃げ場」の必要性について語ります。

 「活」で想定されるのはどん…

この記事は有料記事です。残り2928文字有料会員になると続きをお読みいただけます。