闘病中の円楽さんもゲスト出演 今年もやります博多・天神落語まつり

有料記事

今井邦彦
[PR]

 東西の落語家が参加する国内最大級の落語イベント「博多・天神落語まつり」が、今年も11月3~6日に開催されることが決まった。闘病中の三遊亭円楽さんが、今回もプロデューサーとしてすべてのプログラムを決めたという。

 2007年に円楽さんの呼びかけで始まった落語まつりには、東京と大阪の落語家が所属団体の垣根を越えて出演。20年以降のコロナ禍の中でも「笑いは不要不急ではない」という円楽さんの強い思いで、休止せずに続けてきた。

 今年も立川志の輔さん、桂文枝さんら、50人以上が出演。円楽さんは今年1月に脳梗塞(こうそく)で入院し、現在もリハビリ中だが、まつりの最終日にトークのゲストとして出演する予定という。

 7月に福岡市でプレイベント…

この記事は有料記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら