「連覇止める」と前橋育英を完封 樹徳の亀井君、失策0の仲間に感謝

川村さくら
[PR]

 22日、高校野球群馬大会準々決勝、樹徳6―0前橋育英

 樹徳の亀井颯玖(りゅうく)(3年)は最後の打者を外野フライに打ち取った。6連覇を狙った前橋育英を完封して準決勝進出を決めると、力強く拳を握りしめた。

 直球の調子は良くなかったが、スライダーが切れていた。先頭打者を出さないことを意識して、変化球でカウントを重ねた。四回まで被安打2。八回に無死一、二塁のピンチを迎えたが内野フライと併殺に仕留めた。失策0の堅守にも救われた。仲間には、必ずベンチで「ありがとう」と伝えた。

 「育英を倒すために樹徳に入ったし、トーナメントが決まったときから俺らが育英の連覇を止めるんだと言ってきた。現実になってうれしい」。井達誠監督も「こつこついやらしく投げてくれた」とたたえた。(川村さくら)