【写真まとめ】世界陸上 DAY7 200M女子はジャクソンが金

[PR]

 陸上の世界選手権第7日が21日(日本時間22日)、米オレゴン州であり、200メートル決勝がありました。女子はジャマイカのジャクソン、男子は米国のライルズが制しました。

 男子やり投げ予選はディーン元気が自己シーズンベストの82メートル34を投げて決勝進出。女子800メートル予選に出場した田中希実と、男子5千メートル予選に出場した遠藤日向はともに予選敗退となりました。選手たちの戦いを写真で振り返ります。