内閣法制局から報告「それなら国葬で」 岸田首相、急な決定の舞台裏

有料記事国葬

西村圭史 小手川太朗、楢崎貴司
[PR]

 岸田文雄首相は22日、安倍晋三元首相を55年ぶりの国葬で弔うことを、閣議決定した。首相が国葬を決断したのは、勝利した参院選の直後だった。国葬の基準や法的根拠があいまいなままの決定に、賛否は割れている。

 「国葬に近い形でできないか」。安倍氏が死去した数日後、首相は安倍氏の国葬を検討するよう、周辺に指示した。安倍氏の家族葬が都内の寺院で営まれ、自民党本部などの献花台には行列ができていた。

 歴代首相経験者の葬儀は、1980年に死去した大平正芳氏以降は「内閣・自民党合同葬」が慣例。だが、首相は、安倍氏が歴代最長の8年8カ月にわたり首相を務めたことや、遊説中に凶弾に倒れたことを重視。「今までの首相経験者とは違う形で評価すべきだ」との思いに傾いた。

「訴訟のリスクある」慎重論あったが

 首相の指示を受け、国葬に向けた政府の検討が始まった。ただ、国葬を定めた法律は、ない。全額国費でまかなうことに、政府内には「行政訴訟のリスクがある」との慎重論もあった。

 そこへ、内閣法制局からの報…

この記事は有料記事です。残り1872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2022年7月24日15時49分 投稿
    【視点】

    内閣法制局は政策判断をする役所ではないし、今回もしていない。安倍元総理の葬儀を国葬とすることを内閣が判断することが法律に違反していない(法律の委任の範囲を超えていない)と言っているに過ぎない。 したがって、国葬とすることについての妥当

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年7月23日11時45分 投稿
    【視点】

    不思議なニュースです。「国の儀式」にこだわる方が国会の場で論議、説明という「国会議員最大の儀式」を軽視するのが本当に不思議です。 岸田首相は国葬の理由を「民主主義を守り抜く」ためと言いましたが、私には丁寧な議論をすっ飛ばす民主主義の危