ノーノー投手、天理戦で先発回避 負けたが本人・監督「これでいい」

編集委員・稲崎航一
[PR]

 (23日、高校野球奈良大会準々決勝 天理9―2奈良北)

 あと1点取られたら「サヨナラコールド負け」になる。2―8の七回1死満塁。ノーヒッター右腕がマウンドへ走った。

 奈良北のエース足立啓人(3年)は2日前、3回戦の帝塚山戦でノーヒットノーランを達成している。

 絶体絶命の場面。しかもリリーフの経験はほとんどない。制球が定まらず、カウント3―1にまで追い詰められた。

 「どうせ1点取られたら負け。緊張しても意味がない」

 開き直って腕を振った。2番打者を浅い左邪飛に打ち取る。

 続く3番はプロにも注目されている強打者、戸井零士(3年)だ。

 「もう、誰に打たれて終わっても同じや」。速球で詰まらせ、三ゴロに打ち取った。

 だが、八回に力尽きた。2死三塁から左越え適時打を浴び、コールド負けを喫した。

 ノーヒットノーランから中1日。準々決勝の相手は優勝候補の天理だ。昨秋の県大会3位決定戦で敗れた相手だったが、エースは先発しなかった。

 増井啓央監督によると、エースの先発回避はプラン通りだったという。背番号10の本格派右腕・田中琉磨(3年)が先発し、左腕・山本昌毅(3年)で目先を変え、最後は足立が締める計画だった。

 ただ、足立は背中や右ひじに張りが残っていた。「他の投手でできるだけ引っ張りたい」のも監督の本音だった。

 田中は期待に応え、5回3失点と試合を作る。六回に投げた山本も無失点。1点差の接戦で終盤に入り、天理を苦しめた。

 七回だけが誤算だった。3番手、4番手投手が四死球を出し、内野の失策も出るなど大量5失点。大ピンチで、足立をつぎ込まざるを得なかった。

 大一番でエースの登板回避といえば、2019年夏の岩手大会決勝、大船渡の佐々木朗希(現ロッテ)が思い浮かぶ。

 足立の先発回避に後悔はないか、増井監督に聞いてみた。

 「全くないですね。うちは練習試合から継投でやってきた。組み合わせが決まったときから、このつもりでした。足立には疲れもありましたし」

 足立本人も屈託がない。「正直、体は張ってつらかったし、先発したいとは思わなかった。田中もいい投手なので任せていました」。そして続けた。

 「佐々木朗希? 比べられるようなレベルじゃないですよ。これでいいです」と笑い飛ばした。

 ただ、最後の場面だけは悔しかった。2死三塁で勝負球に選んだ直球。「春の大会ならスライダーでかわして打ち取るところ。最後の夏だから攻めようと」。高めに浮いて痛打された。

 それでも、「楽しくやらせてもらいました。この夏は」。エースはすがすがしい表情で、汗をぬぐった。(編集委員・稲崎航一)