相手守備揺さぶる走塁で躍動 岐阜第一の1番打者・浅野君のモットー

[PR]

 23日、高校野球岐阜大会準々決勝、岐阜第一5―1岐阜聖徳学園

 岐阜第一の浅野恵介選手(3年)が3安打1打点2得点と、リードオフマンの役割を果たした。

 0―0で迎えた三回。1死二塁の好機で打席に入った。「チームに流れを持ってくる」と気合を入れた。

 狙っていた直球をコンパクトに振り抜くと、打球は二遊間を破り、センターに抜け、先制打となった。

 続く難波壱成選手(3年)の犠打の際には、二塁に進塁後、三塁のベースカバーが不在なことに気づくと一気に三塁を陥れた。次打者の内野ゴロが敵失を誘い、2点目のホームを踏んだ。

 対戦した岐阜聖徳学園の棚橋祐司監督は「あの走塁で追加点を取られたのが痛かった」と悔しがった。

 五回には先頭打者として右翼線に三塁打を放ち、福井一颯選手(3年)の3点本塁打につながる一打となった。その後も安打と四球で出塁し、相手の守備陣を揺さぶった。

 昨年春から1番打者を任されてきた浅野選手は「常に先の塁を狙った走塁をモットーにしてきた。得点と出塁率にこだわって次の試合も頑張ります」と目を輝かせた。