関東第一の主軸・井坪君、見せられなかった勝負強さ 城東攻略できず

本多由佳 滝沢貴大
[PR]

(24日、高校野球東東京大会 城東3―1関東第一)

 プロ注目の強打者、関東第一の3番打者、井坪陽生(ひなせ、3年)のバットからはこの日、ついに快音が聞こえなかった。

 最初の打席は一回裏。安打で出塁した須藤彪(ひょう、同)が盗塁を決め、1死二塁のチャンスだったが、右飛に倒れた。三回の第2打席も1死二塁で左飛。先頭だった六回は三ゴロに打ち取られた。最後の八回は遊ゴロ。必死に走って意地で内野安打にした。

 井坪はこの大会、初戦となった目黒学院戦での最初の打席で、いきなり左翼スタンドへ本塁打を放った。ここまでの3試合で4安打5打点、2本塁打と勝負強さも健在だった。井坪は試合の後、「きわどいところの見極めができなくて、そこに手を出して打ち取られた」と振り返った。「負ける試合で打てないのは、何かが足りなかった。1本出せないのは弱さなのかなと思う」

 一方、城東のエース峯岸叶(同)は雪辱に燃えていた。昨秋の都大会3回戦で関東第一に7―8で敗れた。「このときは井坪君に打たれた」。峯岸はこの日、「自分の持っている力を出し切ろう」と積極的に内角を攻め、直球にフォークやカーブなど変化球を織り交ぜ、井坪を抑えた。

 準々決勝での敗退が決まり、泣き崩れる選手に井坪は声をかけた。昨夏は決勝で敗れた先輩の姿を見ていた。「先輩はグラウンドを出るまで最後までやりきっていた。だから自分が主軸として、みんなを最後までしっかりやらせようと思った」

 甲子園の夢は後輩に託した。「自分たちの負けをしっかり見て学んで、来年につなげてほしい」=神宮(本多由佳、滝沢貴大)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら