• アピタル

サル痘、東京都内で感染者を確認 日本国内では初めて 厚労省

有料記事

神宮司実玲
[PR]

 厚生労働省は25日、天然痘に似た感染症「サル痘」の感染者1人が国内で初めて確認されたと発表した。欧州への渡航歴のある東京都内の30代の男性で、都内の医療機関に入院しているが、健康状態は安定しているという。

 厚労省によると、男性は6月下旬に欧州に渡航。滞在中に、サル痘と診断された患者と接触歴があるという。帰国後に発熱や発疹、頭痛、倦怠(けんたい)感の症状を訴え、25日に医療機関を受診。検査で感染が判明した。濃厚接触者の有無は調査中。厚労省は男性の国籍を公表していない。

 サル痘は、サル痘ウイルスに…

この記事は有料記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!